ブログ

注目

神奈川県立図書館の新本館がオープン!「共生」展示に「山川菊栄」のコーナーが誕生

75年前の1947年9月1日、山川菊栄が労働省初代婦人少年局長に任命されました。奇しくも、9月1日に、神奈川県立図書館の新本館が開館となり、1階の「共生」展示コーナーには山川菊栄が紹介されています。図書館には旧かながわ女性センターから引き継がれた山川菊栄文庫があります。神奈川県立図書館オープンサイトへ

藤沢で記念会主催のDVD上映会を行いました。

生誕132年にあたる11月3日に、山川菊栄が長く暮らした藤沢で
DVD上映会を行いました。藤沢市役所の会場で60人以上の申し込み
を受け、想定外の満席のためお断りをする事態となりました。
大変申し訳ございませんでした。

年明けに再度催す予定になっております。こちらでも改めてお知らせ
いたします。上映後、初めて山川菊栄の業績を知ったという地元の
方々の率直な感想をたくさんいただきました。若い方にぜひその思想に
触れてほしいというお声が多かったので、普及活動の重要性を
再認識しました。
上映会に先立ち『タウンニュース藤沢版』(10月28日号)にも大きく
取り上げていただきました。改めて感謝申し上げます。

なお、11月19日には、公益社団法人ガールスカウト日本連盟の全国研修会でも
オンラインで上映いただきました。

上映会企画を随時受け付けております。すでにDVDをご購入された方もオンライン
上映や参加人数など開催形式によって、申請をいただく必要がありますので、
ご連絡くださいますようお願いいたします。

ページを更新しました-神奈川県図書館協会との関連記事

山川菊栄の略歴ページに、1955年に山川菊栄が神奈川県婦人図書館員研究会の第1回研究会で講演を行った事実を追加しました。講演タイトルは「何故婦人は本を読まないのでしょう」というもので、家事のため本を読む時間が少なく習慣化されていないと原因を指摘しました。その後、この研究会(通称・女子研)では女性利用者や女性の読書グループを対象とした図書解説目録の作成をめざした活動を開始していきます(同研究会「10年のあゆみ」より)。今日、全国にある男女共同参画推進センター図書室に先駆けた試みといってよいでしょう。

また、山川菊栄文庫のページに、2012年、神奈川県図書館協会から記念会に贈られた表彰状の件を追加しました。

進む山川菊栄文庫の資料整理

神奈川県立図書館の山川菊栄文庫所蔵品には、山川菊栄の蔵書のほか、書簡や写真などがあります。図書館の新館オープンは9月に予定されていますが、収蔵庫の改修計画があり、山川文庫も当面別置資料となります。そのため、今年度末までに、整理を終えて移動できるように準備を進めています。