『資料部情報』No.2「雇用平等法をめざして~1978年、ある海外視察報告とその周辺」を公開しました。

山川菊栄文庫資料の紹介や最新の山川菊栄をめぐる研究情報をオープンソースで普及させていく目的で、昨年の9月から1号を公開開始した『資料部情報』ですが、このほど第2号をアップロードしました。

山川菊栄文庫資料の整理の最終局面で山田事務局長が注目した、大きな赤い〇をつけたホチキス止めの資料は、1978年当時の田中寿美子参議院議員ほか9名の女性たちが雇用平等の状況を欧州に視察した報告書でした。

田中寿美子氏は山川菊栄が労働省婦人少年局長であったときの部下であり、婦人問題懇話会をつくる当初からのメンバーでした。視察の帰国後、国際婦人年をきっかけに行動する女たちの会の例会で配布されたのがこの資料です。国際化の途上にあったとき、この海外情報は、雇用平等法をめざす女性たちに日本との落差とともに新鮮に受け止められました。

今日読んでみても、「国連婦人の10年」の中間年を前にして、日本の置かれていた状況そして、なお解消されていない賃金差別、不十分な子育て支援という現況を考えるうえで示唆に富んでいるものと思います。

視察に同行された一人で、日本婦人問題懇話会のマスコミ・日常生活分科会を率いた伊藤恭子さんにこの視察の前後のいきさつや当時の状況をインタビュー形式で伺い、付属資料としました。NHKで朝の連続ドラマの制作に携わった梶谷典子さんや、解説委員となった東浦めいさんの国連女性会議レポートをめぐる知られざるエピソードなど、貴重なお話をお聞かせいただいた伊藤さんに改めて感謝申し上げます。

東京・杉並「国際女性デー ミモザまつり」が開催されます。

3月8日は国際女性デーを記念して、各所でいろいろなイベントが開催されるようになりました。

杉並区立男女平等推進センターで、3月6日(水)から8日(金)まで「ミモザまつり」(主催・杉並女性団体連絡会)として、『青鞜』復刻版などの図書やパネルの展示と輪読会が開催されます。

パネル展示では市川房枝と山川菊栄をテーマに、また、輪読会(3月7日午後13:30~)では山川菊栄の評論集の一節をとりあげるとのことです。

連絡先はチラシ画像をご覧ください。

ひな祭りはWikigap in Kanagawaでお会いしましょう。

インターネット上の世界最大の百科事典「ウィキペディア」の女性に関する記事は男性に比べて少ないと言われています。書き手と内容の偏りが生み出している、Web上のジェンダーギャップ解消をめざし多様性のあるネット社会にしていこうという活動、WikiGap(ウィキギャップ)は、スウェーデン外務省とウィキメディア・スウェーデン協会が始めたキャンペーンで、2019年に駐日スウェーデン大使館で世界に先駆けて開催されました。

これに呼応した神奈川の実行委員会は、2019年、2021年(オンライン)と開催を重ねてきています。

今年は神奈川ゆかりの山川菊栄と山川菊栄文庫について理解を深め、山川菊栄のページとともに神奈川ゆかりの女性たちのページも充実させていこうとの趣旨で開催されます。

午前のパートでは記念会から「いま、もっと新しい山川菊栄」と題してお話することになりました。事務局長の山田敬子と世話人の山口順子が担当いたします。
定員20名と限られていますが、ウィキギャップに関心のある方、アカウントを事前に登録して、ぜひご参加ください。チラシPDF


◆日時:2024年3月3日(日) 10時00分から16時30分
◆場所:神奈川県立図書館 本館4階 学び⇔交流エリア
https://www.klnet.pref.kanagawa.jp/user…/access/yokohama/
主催:WikiGapかながわ実行委員会
共催:神奈川県立図書館 
後援:山川菊栄記念会

◆定員:20名(先着順)
◆参加費:無料◆申込み期間:2024年2月29日(木)まで
◆申し込み方法:こちらのフォームからお申し込みください。https://forms.gle/D7EiKHV9Q857QXay9
複数人で参加希望の場合、お手数ですがお一人ずつお申し込みください。

◆プログラム
9:30受付
10:00開会
ミニレクチャー
・WikiGapについて(WikiGapかながわ実行委員会)
・「いま、もっと新しい山川菊栄を!」(山川菊栄記念会)
・神奈川県立図書館の男女共同参画関連資料と山川菊栄文庫について(県立図書館)
11:30-13:00 昼休み ~昼食のとり方には注意が必要です。
13:00
ウィキペディアの編集方法について(WikiGapかながわ実行委員会)
神奈川県立図書館の使い方・資料紹介(県立図書館)
調査・執筆
16:00 ふりかえり
16:30閉会

◆持ち物やウィキペディアアカウントの事前取得、昼食のとり方についての諸注意など詳しくはフェイスブックイベント内のこちらをご覧ください。